大文字送り火2016日程はいつ?五山の点火時間は何時から?

Sponsored Link

大文字送り火2016日程から見どころまで

京都の夏の風物詩と言えば…
納涼床でいただく上品な京料理もありますが、
気軽に食べらるものではなく、やはり一番に思い浮かぶのは
「大文字送り火」ですね。

2016年はどんな様子になるのでしょう^^

大文字送り火と言えばとても有名でTVでも放映されたりしますので、
ご存知の方も多いと思います。

お盆の最終日に行われる大文字送り火は、
「五山の送り火」と呼ばれ圧巻です。

実のところどういうものか知らない!2016年はいつなの? そんな方も少なくないかも知れませんね。

でも、実のところどういうものか知らない!2016年はいつなの?
そんな方も少なくないかも知れませんね。

という事で今回は、「大文字送り火」について、
日程から見どころまでご紹介していきたいと思います。

2016年に出向かれる予定の方はご参考にしてみてください^^

 


Sponsored Link

 

大文字の送り火2016 日程と見どころ

大文字の送り火と言えば山に火がともされ文字が浮かび上がる。
そんな幻想的な風景が京都の夏の終焉を飾る風物詩になっています。

幻想的な風景に包まれる景色を観ようと日本全国から(あるいは世界から)
たくさんの観光客が訪れます。その数は10万人を超えるとか!

五山の送り火はお盆に戻ってこられたご先祖様を冥府に送り出すために
焚かれるかれる大事な行事です。

 

2016年の「五山の送り火」の日程

2016年の日程は、8月16日火曜日です。

大文字送り火は五山の送り火と言われ、
その名のとおり5か所で開催されます。

大文字:東山如意ヶ嶽

 

妙、法:松ヶ崎西山、東山

 

舟形 :西加茂船山

 

左大文字:金閣寺大北山

 

鳥居形:嵯峨曼茶羅山

 

 

点火のタイミングはいつ?何時から?

大文字(東山如意ヶ嶽)が一番早く20時からになります。
大きな大の字が点火され京都の東に浮かび上がります。

最初に点火される大の字は、
京都では右大文字と呼ばれ一番有名です。

大文字(東山如意ヶ嶽)が一番早く20時からになります。

この点火に伴い京都市内のネオンが一斉に消されます。
より幻想的な風景が楽しめますね。

次に点火されるのが松ヶ崎西山の妙と松ヶ崎東山の法です。
点火時間は20時05分。

その次が西加茂船山の舟形で、20時10分です。

金閣寺大北山の左大文字はその次で20時15分です。

最後に点火されるのは嵯峨曼茶羅山の鳥居形で20時20分です。

 

 

大文字送り火の見どころは?

やはり大文字焼きの魅力といえば、炎で描かれる大きな文字ですね!
そして、それぞれに特徴があるの点もポイントです。

・右大文字は女性型と呼ばれ細長く美しいのが特徴です。
左大文字との見比べでより違いが分かるかと思います。

・妙と法は二つで一対になっており、
妙と法では書体が違っているところに注目してみて下さい。

・舟形は船をかたどった形が浮かび上がります。
これは「精霊船」とも呼ばれ船の先は西方浄土を向いているそうです。

・左大文字は右大文字に比べ太く、
たくましいのが特徴で男型とも呼ばれています。

・最後の鳥居形は鳥居の形が映し出されます。
これが一番勇壮で美しいです。ですが、一番低い場所で点火されるため、
京都市内からの鑑賞が最も難しくなります。

 

 

鑑賞におすすめスポットは?

スポット1

船岡山公園が人気のスポットになっています。

京都市内を広く見渡せる場所になっています。
五山の送り火の中で鳥居形以外の4つを鑑賞することができます。

その人気ゆえ混雑も必須です。
早めに場所取りに行くことをおすすめします。
住所:北区紫野北船岡町42他

 

スポット2

五山全部を観れるスポットとしては京都駅ビルがあります。
ただ、事前に応募が必要で観賞券がないと入ることができません。
ご注意ください。

<鑑賞券申込>

受付開始:7月9日(日)0時より
WEBサイトからの申込になります→第19回五山送り火鑑賞会

ご招待の定員(鑑賞券の発送)は、
応募空中経路200組(400名)
大空広場150組(300名) ※申込は無料です。

 

スポット3

京都市内のホテルレストランからも見ることができます。
風情と食事を一緒に楽しめる贅沢な鑑賞スポットですね。

 

スポット4

鳥居形を観るのには、渡月橋が有名です。
しかし超有名スポットのためものすごい混雑が予想されます。

なので、ゆっくり観たい方は、清涼寺の北側周辺がオススメです。

こんな感じに鑑賞できます。

やはり大文字焼きの魅力といえば、炎で描かれる文字ですね!
出典:京都五山送り火 大文字・舟形・法・左大文字・鳥居形

 

 

 

大文字送り火2016まとめ

五山の送り火は大切なご先祖様を送り出すためにたかれる炎です。
そう考えながら鑑賞すると感慨深いものがあります。

神秘的で美しく見える炎も、
その揺らめきには魂の息吹を感じてしまいませんか。。

京都には三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)があり、
これに五山の送り火を加えて京都四大行事と呼ばれています。

2016年はぜひ京都の五山送り火を楽しんでください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。