秋服2017いつから着る?タイミングと上手な切り替え方

Sponsored Link

秋服2017いつから着る

8月もいよいよ終盤ですが、まだまだ暑い日が続いていますね。
ちょっと外を出歩くだけでも額に汗が光ります。

そんな半袖でいてもまだまだ暑いような季節ですが、
お店ではもう夏服はセール対象。
すでに秋服が売り出されているところも多いですね。

でも、秋服をいつから着るかって、ちょっと難しい気がしませんか?

カレンダー通りのイメージだけでいくと、9月からは秋ですから、
9月に入ったら秋服にチェンジしたいかもしれません。

でも現実の9月は、だんだん涼しくなってきたと思いきや、
「あれ、今日は真夏みたいな暑さだ…」なんて日も出てくる時期です。

秋服をいつから着るかって、ちょっと難しい気がしませんか?

いきなりガラッと秋服に切り替えてしまうと、残暑で痛い目を見てしまいますし、
周りはまだまだ夏服モードなのに自分だけバッチリ秋服だったら、
ちょっと恥ずかしいことにもなってしまいます。

できればそういったことは避けたいですよね^^;

秋服を着始めるなら、周りから見ても季節にぴったりで、
しかも自分自身も気持ちよく着ていられる、
そんなタイミングで切り替えていきたいものです。

では、いつから、どのようなタイミングで夏服から秋服にすると良いのでしょうか?
どうすれば上手に切り替えていけるのでしょうか?

今回は秋服への衣替えについて、
このようなポイントを中心にお話を進めていこうと思います。

 


Sponsored Link

 

秋服はいつから?切り替えのポイントはココ!

秋服への切り替えは、一般的には9月がそのタイミングと言われています。

でも冒頭でお話しした通り、9月はまだまだ残暑が厳しい日も多いですよね。
そんな日にバッチリ秋服コーデをするのは、ちょっと不釣り合いです。

そうなると、あとは自分自身の感覚でそのタイミングを決めていくことになります。
じゃあ、そのタイミングはどんな判断基準で決めればよいのでしょうか?

また、季節がいきなり夏から秋に変わることはないので、
ガラッと秋服に切り替えることも現実的ではないですよね。

徐々に秋服に切り替えていく上手な方法はあるのでしょうか?
では、お話を進めていきましょう。

気温でタイミングを決める

 

 

気温でタイミングを決める

一般的な切り替えのタイミングが9月と言えども、
秋服がしっくりくるかどうかは、やはり現実の気温に大きく左右されます。

そもそも、気温に合わせて衣服の調節をすることは、
着こなしの面でも健康管理の面でも鉄則と言ってもいいくらいでしょう。

夏から秋へと変わっていくときに、気温がだいたい20~25℃くらいになってくると、
かなり涼しさを感じるようになります。

最近気温が25℃までいかなくなってきたなあ、と感じたら、
秋服への切り替えを始めてもよいタイミングでしょう。

だいたい9月も後半くらいになると、そのタイミングを迎えることが多いです。

天気予報をこまめにチェックして、翌日の気温が25℃にならないようだったら
秋服を用意しておくようにする。

そして、そんな日が続くようになったら完全に切り替える。
そんな方法もおすすめです。

 

 

あえて、周りに合わせてみる

さらに手っ取り早くタイミングを決める方法として、
周りの様子を見るというものがあります。

自分だけの判断ではなかなか秋服に切り替えるタイミングがつかめない時は、
街中を歩いている人たちの服装をさりげなくチェックしてみましょう。

「誰もが秋服ではないけれど、何人かはそういう人見かけるな~」
と感じたら、 もう秋服に切り替えても大丈夫です。

そこまでになったら、きっと残暑で辛くなることもありませんし、
秋服で出歩いても浮くことはないでしょう。

気温と周りの様子、この両方をチェックしてタイミングを判断すると、
より確実になりますよ。

ここまでは、秋服に切り替えるタイミングの判断基準についてお話ししてきました。
続いては、上手な切り替えの方法についてです。

 

 

色だけを少しずつ変えてみる

9月も後半になれば気温も下がってきて、
秋服を着始めてもよいタイミングを迎えるということは、先ほどもお話ししました。

でも、まだ9月に入ったばかりで、
完全な秋服を着るような時期ではないと判断したとしても、
秋らしさを出したい時ってありますよね。

そんな時は、誰もが手軽に実践できるある方法を使うとうまくいきます。
それは、「まずは色だけを秋らしくしてみる」というもの。

着ている服の素材は夏服のままでも、まずは色合いだけを、
ブラウンやカーキなど濃いめの落ち着いたカラーに変えていってみるのです。

こうすることで、これから少しづつ秋に近づいていくという季節の変わり目に、
よりフィットした印象を周りに与えることができます。

半袖やノースリーブを着ていても、ちょっとした秋らしさが漂いますよ。

まずは色だけを秋らしく変えていって、9月後半の気温がさらに下がる頃に、
長袖を登場させるなどして素材も変えていくのがおすすめです。

 

 

七分袖やカーディガンを上手に利用する

気温を判断基準にしたとしても、夏服にするか秋服にするか、
うまく判断がつかないようなときもきっとあると思います。

そんな時は、七分袖の服を上手に利用してみるのも手です。
半袖ほどスースーもしなくて、長袖ほどの暖かさもない七分袖のシャツは、
暑いのか寒いのかが曖昧な日にはぴったりです。

また、急な気温の変化にも対応可能なように、
薄手のカーディガンを持ち歩くのもおすすめです。

七分袖やカーディガンを上手に利用する

気温が低い時は着ればよいですし、気温が高めの時は脱げばよいのです。

特に、残暑が和らいできたけれど、まだそこまで気温が下がりきっていない
そんな時期には、七分袖やカーディガンは重宝しますよ。

 

 

 

秋服いつから着るまとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、夏服から秋服に切り替えるタイミングをどう判断するか、
どうすれば上手に切り替えていけるかなどについてお話を進めてきました。

季節がいきなり夏から秋へとパッと変わるわけではないので、
秋服に切り替えるタイミングってちょっと難しいですよね。
その判断に迷った時には、気温と周りの様子を判断基準にしてみましょう。

そして、まずは色だけを秋らしくする、七分袖やカーディガンを利用するなど、
上手に秋服に切り替えていく方法もぜひ参考にしてみてくださいね。

季節の移り変わりにフィットする服を選んで着こなすことは、
難しさはありますが、きっと楽しみもあると思います。

今回のお話を役に立てながら、楽しんでいただけたら嬉しいです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。