2017年土用の丑の日はいつ?由来を知りつつウナギを味わう

Sponsored Link

土用の丑の日2017いつ 由来

土用の丑の日といえば、ウナギです。

暑い時期にいただく肉厚のウナギのジューシーな食感
タレにつけたウナギを焼く香ばしい香りと煙
山椒のピリリとした食感

思い出すだけでお腹がすいてきます。

2017年の土用丑の日はいつでしょうか?
今年は二度あり、ずばり7月25日(火)・8月6日(日)です!

土用丑の日にウナギを食べる習慣の由来は?

しかし、そもそも「土用丑の日」とは何でしょうか。
土用丑の日にウナギを食べる習慣の由来は?

今回は「土用丑の日」と「ウナギを食べる習慣の由来」についてご紹介します。
今からウナギが待ち遠しくなること間違いなしです。

 


Sponsored Link

 

なんと年に4回もあった「土用の丑の日」

「土用」は「土曜」だと思っていた方、実は私もです。
調べてみたところ「土用」とは、

四立(立春、立夏、立秋、立冬)の18日前の期間をさします。
土用とは中国の陰陽五行説に由来する暦の節目を意味するそうです。
従って「土用」は夏だけではなく、 春・夏・秋・冬の4回も存在します。

「土用」は夏だけではなく、 春・夏・秋・冬の4回も存在します。

そして、その期間の中で十二支が丑にあたる日を「土用の丑の日」といいます。

ちょっと難しいように感じますが、昔の方は季節の変わり目を重要なものと捉え、
自然を敬う気持ちが強かったのでしょう。
季節感の希薄な現代でも、暦の意味を知ることは勉強になりますね。

 

 

 

ウナギの旬は実は冬!ウナギを食べるその由来とは?

ウナギの旬は夏、と思い込んでいたのは私だけではないはずです。
実はウナギの旬は冬だそうです。

「土用丑の日」と「ウナギを食べる習慣」の関連性が、
ウナギ屋さんの戦略であることはなんとなく知っている方も多いでしょう。

その由来については諸説ありますが、
一番有名なエピソードは「平賀源内による発案説」です。

 

江戸時代の名キャッチコピー?ウナギ販促の成功秘話

平賀源内と言えば、商人ではなく蘭学者で有名ですよね。
歴史の授業で勉強しました^^

ウナギ屋さんが江戸時代、夏にウナギが売れないで困っていることを、
平賀源内に相談。

売れないですよね、だってウナギの旬は冬ですから。
そしてなぜ平賀源内さんに相談したのかはわかりません。

解決策として「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」
という平賀源内の発案を実践し、いつからかウナギが売れるようになり
店が繁盛にしたという由来です。

江戸時代の名キャッチコピー?ウナギ販促の成功秘話

今のキャッチコピーに訳せば
「土用の丑の日にウナギ食べて夏バテ防止!これに決まり」というイメージでしょう。
これが庶民にヒットし、他のウナギ屋さんも追従し定着したと言われています。

今も昔も、イベントごとに食事を楽しむの風習が日本人らしいですね。

 


Sponsored Link

 

ウナギ=夏 食べたいけど高価なウナギ?

由来を知ったところで、2017年のウナギ事情についてです。

夏の「土用の丑の日」と言わなくても「土用の丑の日」といえば
夏とウナギを想像するくらいイメージが定着しています。
コンビニやスーパーなどでもウナギの販促が盛んですね。

時代を超えて、イメージが定着しは身近なイベントになっていることに驚かされます。

2014年、ウナギが高騰しニュースを賑わしていたことは記憶に新しいですね。
もう二度とウナギは食べられないのか、
庶民には無理なのかと打ちひしがれた思い出があります(。>0<。)

 

ウナギの価格は稚魚であるシラスウナギの漁獲量によって変わるそうです。

ウナギの価格は稚魚であるシラスウナギの漁獲量によって変わるそうです。

2015年には徐々に捕れる量が増え、価格は2014年が高止まりで
徐々下がってきている傾向といえます。

しかし、今後もシラスウナギの漁獲量が不安定なことには変わりありません。
価格の動向をチェックしていきたいものです。

 

 

 

美味しいウナギをGETして夏を乗り切ろう?

最近は、大手ネット通販を調べてみたところ、
通販でも本格的なウナギが取り扱われ、手軽に手に入るようになっています。
身近にウナギ専門店は少なくなっています。

スーパーやコンビニのウナギでは不満という方、
通販サイトではいろんな商品を比較できますし、
2017年はちょっと豪華なウナギのお取り寄せをしてみてはいかがでしょうか。

例えば…

希少!浜名湖の天然うなぎ

希少!浜名湖の天然うなぎ

 

 

土用の丑の日2017いつ・由来のまとめ

「土用丑の日」の意味や、「ウナギを食べる習慣」の由来、
いつから始まったのかなどをご紹介しました。

2017年の「土用丑の日」にはウナギを楽しみながら、
ご家族やお友達にこんな情報を教えてあげてみてはいかがでしょうか。

ウナギは冬が旬!びっくりされること間違いなしですよ!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。