乳児湿疹っていつまで出るの?原因を知って上手に対策しよう!

Sponsored Link

乳児の湿疹いつまで

大人になった今、憧れずにはいられないスベスベもちもちのベビースキン。

思わず頬ずりしたくなるような赤ちゃんの頬っぺた…のはずが、
かわいそうなぐらいブツブツ・ガサガサになってきて「え!なんで!?」
とびっくりされたママさんも多いのではないでしょうか。

一般的にはあまり知られていませんが、
乳児湿疹って大半の赤ちゃんが経験するものなんですよね。

私は産院で助産師さんから話を聞いて乳児湿疹の存在は知っていましたが、
それでも実際に湿疹だらけの顔になった我が子に驚きました。

乳児湿疹っていつまで出るの?原因を知って上手に対策しよう!

残念ながら生後1ヶ月のお宮参りや、100日目のお食初めと言った
記念すべきイベントって乳児湿疹がピークになる赤ちゃんも多いようです。

我が子の記念写真も乳児湿疹がばっちり写っています…。

乳児湿疹はみんな通る道…とは言え、
いつまで経っても治らないと本当に不安になるもの。

せめて湿疹がこれ以上酷くならないように…と、
親なら何かしてあげたくなってしまいますよね。

そこで本日は乳児湿疹はいつまでなのか、
種類や原因、そして対策などを簡単にご説明したいと思います。

 

 


Sponsored Link

 

乳児湿疹の種類と対策

生後2週間ぐらいから出来るニキビみたいな湿疹

赤ちゃんの顔に、思春期にできる「ニキビ」のような湿疹ができます。

「新生児ニキビ」とも呼ばれていて、
ほぼすべての赤ちゃんが経験するものでもあります。
頬っぺたや額のみならず、顔全体に広がることも…。

生後2週間ぐらいから出来るニキビみたいな湿疹

実はこの湿疹は、赤ちゃんが胎内にいた際母親の身体から
女性ホルモンをもらってきた事によるもので、悪い物ではありません。
悪化させなければ1・2ヶ月程度で自然と治まっていきます。

対策思春期のニキビのように肌を綺麗に保つよう心がけます。
ベビー石鹸などの泡で洗ってあげて下さい。

湿疹を傷つけるとそこからバイキンが入り悪化しますので、
力を入れず優しく拭くようにしましょう。

 

新生児から出来るカサブタみたいな湿疹

赤ちゃんの頭皮に、ガサガサした黄色いカサブタのような湿疹ができます。
「乳児脂漏性湿疹」と呼ばれ症状の重さは違えど大半の赤ちゃんが経験します。

上記と同じく女性ホルモンが原因で、
過剰分泌された脂が毛穴に溜まるのが主な原因。

新生児から出来るカサブタみたいな湿疹

赤ちゃんのホワホワした髪の毛が生えた頭にでき、
自然とはがれたカサブタがフケのようになってしまうので
気になるママさんも多いと思います。

でも無理に剥がして炎症を起こすとジュクジュクしてしまうため、
指で取らないようにしましょう。

生後4ヶ月も過ぎると赤ちゃんの新陳代謝も安定してくるため治まってきます。

対策盛り上がっているカサブタ部分は入浴前にベビーオイルなどでふやかしておきます。
ベビーシャンプーをつけてクルクル円を描くように優しく洗うと、
無理なく剥がれ落ちていきます。

このやり方で落ちないカサブタは、無理に触らずそっとしておきましょう。

 

生後4ヶ月以降からできる乾燥が原因の湿疹

頭やおでこだけに限らず、赤ちゃんの全身どこにでも出来る湿疹です。

大人でも冬場にかかる事の多い「乾燥性湿疹」で、
生後4ヶ月以降の赤ちゃんの肌は今まで女性ホルモンの影響で
過剰分泌されていた皮脂が落ち着き、今度は乾燥に弱い状態です。

生後4ヶ月以降からできる乾燥が原因の湿疹

経験のある方ならわかると思いますが、
非常に痒いため4ヶ月ぐらいの赤ちゃんだと自分で引っかいて
悪化させてしまう危険性が…。

1・2歳ぐらいになれば赤ちゃんの肌の角質層が充分に育つため、
適切なケアを行っていれば徐々に湿疹は治まっていくと言われています。

対策お風呂上りには保湿性の高いベビーローションやワセリン、
保湿クリームなどをできれば全身に塗ってあげて下さい。

掻き毟って悪化している場合は早めに病院に行く事をおすすめします。

 

その他の湿疹

・アレルギーが原因の湿疹…特定の食べ物を口にした時に現れる湿疹。

離乳食開始前の母乳(母親が食べた食品が影響)によって
赤ちゃんの肌にアレルギー性湿疹が出ることもあります。
病院でアレルギー検査を行うようにしましょう。

 

・アトピー性皮膚炎…
慢性的に良くなったり悪化したりを繰り返すかゆみの強い湿疹です。

頭皮や顔のみならず手足(間接部分など)にも広がることが多く、
原因ははっきりしていません。
湿疹がなかなか治らずかゆみが強いようであれば病院を受診しましょう。

 

 

乳児湿疹はいつまで出るのか?

基本的に1~2歳ぐらいには綺麗さっぱり治ってしまう子が大半のようです。

ただこれも個人差があり、私のママ友は息子さんが2歳過ぎまで
ずっと乳児湿疹に悩まされていました。

赤ちゃんはお母さんのお腹から出てきて、
外の世界に慣れようと毎日必死で成長しています。

基本的に1~2歳ぐらいには綺麗さっぱり治ってしまう子が大半のようです。

きっと、赤ちゃんの肌も外の空気に慣れるために
ブツブツが出たり治ったりしながら、徐々に成長していってるんでしょう。

親としては我が子に綺麗な肌で居て欲しいからつい焦ってしまいますが、
適切にケアをしてゆっくり見守ってあげて下さいね!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。