中秋の名月2017はいつ?由来や意味も教えて^^;

Sponsored Link

中秋の名月2017いつ 由来は?

「中秋の名月」と言えば、お月見そして団子です。
でも本来の意味や由来を知っていますか?

今回は「中秋の名月」についてその由来や意味をお伝えしたいと思います。

「中秋の名月」と言えば、お月見そして団子です。

昔から伝わる伝統行事には、旧暦に基づいて日にちが決まっています。

旧暦は太陰暦の一種で、日付は月の満ち欠け具合に関係します。
秋は旧暦で7月~9月を指し、8月はその中間にあたります。
更に、その真ん中にあたるのが8月15日になる訳で…。

これが「中秋」と言われています。

そして旧暦では月の半ばである15日の夜、満月又は満月に近い丸い
美しい月が見えるんですね(名月)。

その、秋の真ん中に見える美しいお月さんのことを
風情を込めて「中秋の満月」と呼ぶようになりました。

「中秋の名月」の意味は、「秋の真ん中に出る満月」です。

 

つまり、「中秋の名月」の意味は、「秋の真ん中に出る満月」です。

また、8月15日の夜は「十五夜」とも呼ばれます。

うさぎ うさぎ なに見てはねる
十五夜お月さま 見てはねる? なんて童謡は有名ですよね。

しかし、1年に満月は、12回又は13回も見られるのに、
なぜ「中秋の名月」は特別扱いなんでしょうかね?

この辺のお話も含め、2017年の中秋の名月がいつになるのか?
それと、中秋の名月に纏わるお役立ち情報をまとめてみましたので、
宜しければ引き続き読んでみてください。

 


Sponsored Link

 

2017の中秋の名月はいつ?関連情報と併せてどうぞ!

まず先述の謎解き、「中秋の名月」がもてはやされる理由について。

中秋の時期は、1年の中で最も空が澄みわたり月が美しいのです。
中国では古来より「望月(月を見る催し)」という行事があり、
平安時代に日本に伝わり「お月見」の風習に変化してていったことが、
由来と考えられています。

 

現在は8月15日が中秋ではない?

先程から中秋は8月15日ですよ。とお話していますが、
旧暦から新暦に変ったことにより、中秋の名月は8月15日ではなくなりました。

現在の中秋は、8月15日からプラス20日~50日で毎年変動します。
なので皆さん、その年の中秋の名月がいつなのか?調べるんですね。

今年2017年の中秋の名月は、10月4日です。

ただ、実際にこの時期きれいな満月見れるのか…
と言いますと、結構微妙なんです^^;

現在 9~10月は台風のシーズンであり、雨の確立が多いのが事実。
2017年はスッキル晴れて、夜空に輝く満月と会えることを祈りたいですね。

現在は8月15日が中秋ではない?

 

 

お月見は収穫祭!

中秋の名月からお月見を思い浮かべる方も多いと思いますが、
本来のお月見の意味や由来はご存知でしたか?

お月見は、平安時代から開催されと言われ、
江戸時代から収穫祭として広く親しまれるようになりました。

月下に酒宴を張り、和歌を興じ、里芋・枝豆・栗などを盛って、
楽しんだと言われています。
平安時代はきっと、恋の詩も読まれたのでしょう。

芋や穀物の豊かな実りに感謝し、自然に感謝する収穫祭。素敵ですね。

 

 

なぜお団子をお供えするの?

「中秋の名月」は、「十五夜(満月の意味)」
ちょうど芋の収穫時期なので、その収穫を自然に感謝し、
満月にお供えすることから「芋名月」とも呼ばれます。

現在、月見団子を供えるのも、芋を供えた風習が変形し、
団子になったと考えられています。
団子ならみんなですぐに食べられますしね^^

現代人には「芋名月」なんて酷いネーミングだ!

芋=田舎っぽい って感じなんですがそれは違います。
自然の恵みに感謝し、美しい月を愛でる言葉なんですよ。

 


Sponsored Link

 

自宅でお月見を楽しもう!工夫いろいろ

お月様にお供えするススキとお団子を縁側や窓際に。
とっても風情がありますね?

しかし、縁側がある家庭も減り、ススキは家の中に飾ると飛び散って大変^^;
気軽にススキを取ってこれる畑や、土手も少なくなりました。

2017年はススキに拘らず、お月見らしさを演出する飾りつけはいかがでしょうか?
ご参考に、場所を取らず手軽で素敵なお月見飾りをご紹介しますね。

 

ちりめん細工の可愛いうさぎさん

ちりめん細工の可愛いうさぎさん

詳細ページへ

こんなコンパクトなのに、和の技術がしっかり凝縮されています。
お団子・満月・うさぎさん。お月見の風情と可愛さの両立ですね。

 

タペストリー代わりにもおしゃれなお月見手ぬぐい

タペストリー代わりにもおしゃれなお月見手ぬぐい

詳細ページへ

壁にかけるもよし、敷物として楽しむもよし、オシャレなお月見柄手ぬぐいです。
生地を染色する際に使われる型紙に、伝統的工芸品の指定を受けている
『伊勢型紙』を一部使用しています。

 

お月見もハンドメイドで楽しもう ちりめんキット

お月見もハンドメイドで楽しもう ちりめんキット

詳細ページへ

ボンドも図面もちりめん布も全部セットになっています。
初心者も楽々手作りできるキットです。
お子さんと一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

中秋の名月2017まとめ

いかがでしたか?
暑ーい夏が終わり、秋の気配を感じる夜。
満月を見上げる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

イベントとしてはちょっと地味な「中秋の名月」ですが、
由来や本来の意味を知ると風情が増しますね!

2017年10月4日の夜は、
是非日本の皆さんで侘び寂び共有して、
私達が日本人であることを思い出しましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。