GW2020いつからいつまで!? 渋滞ピークは!?

GW2020いつからいつまで渋滞ピーク

いよいよ、2020年のゴールデンウィークが近づいてきました!

年末年始やお盆の時期も、比較的長期の休暇が取れるので、
楽しみの一つではあるんですが、それらのお休みの時には、
故郷に帰省するという方が多いのではないでしょうか。

その点、GWは、学生さんをはじめ、子どもさんがおられるご家族まで、
国内や国外の旅行など、様々な過ごし方をする、
そんな方が少なくないでしょう。

そこで気になるのが、GWの期間や交通の渋滞などについてです。

さて、2020年のGWはいつからいつまででしょうか?

会社によって、休暇期間には多少の違いはあるでしょうが、
毎年、この時期は、人の移動が集中するので、高速道路は大渋滞しますし、
飛行機や新幹線など公共交通機関も多くの人でごった返します。

できるだけ、このような混雑を避けて、気持ち良い休暇を過ごしたいものです。

そこで、今回は、2020年のGWの期間について、
また、交通の混雑のピークについてご紹介します。

この情報を参考にして、早目にプランを立ててくださいね。



 

GW2020いつからいつまで

それでは早速、2020年のGWの期間について見ていきましょう。

2020年のカレンダーを見てみると…

当初のGW2020カレンダー

4月29日(水)昭和の日
4月30日(木)
5月01日(金)
5月02日(土)
5月03日(日)憲法記念日
5月04日(月)みどりの日
5月05日(火)こどもの日
5月06日(水)振替休日
5月07日(木)
5月08日(金)
5月09日(土)
5月10日(日)

いかがでしょうか。祝日と日曜日が重なって平日の5/6が休日、
土日休みの会社なら5連休確定!
4/30・5/1 又は5/7・5/8に有給休暇がとることができれば、
8連休、9連休も可能になります。

…ですが、昨年のラッキーGWと比べると見劣りしますね^^;
でも昨年の10連休(土日休み)は本当に特別でしたから仕方ありません。

 

 

GW2020 渋滞ピークはいつ?

ゴールデンウィーク中の渋滞は毎年のことですが慣れませんよね。
渋滞にハマってストレスを感じない人はいないでしょう。

しかし、お出かけにはもってこいのシーズンですし、
2020年のGWも帰省ラッシュならぬ「行楽ラッシュ」必至でしょう。

人気テーマパークなんて、どんだけ人が集まるのか想像するのがちょっと怖いです^^;

GW2020渋滞ピークはいつ?

人の移動が集中する期間は決まって高速道路は大渋滞しますし、
飛行機や新幹線などの公共交通機関もとても混雑します。

そこで、少しでも渋滞ラッシュなどを避けるために、
飛行機や新幹線、車等の渋滞のピークを調べてみました。




 

例年の状況は…

帰省ラッシュは連休初日の朝から夕方にかけて、
Uターンラッシュは、連休最終日の朝から夕方の時間帯が高くなっています。

○前半の帰省ラッシュは 4月29日(昭和の日)前後
○後半の帰省ラッシュは 5月3日
○Uターンの渋滞ラッシュは 5月5日

GW2020のトータル的な混雑ピークは…

4月29日(水)、5月2日(土)、5月5日(火)と予想します。

4月29日(水)、5月2日(土)、5月5日(火)と予想

 

 

高速道路の渋滞

高速道路の渋滞

毎年、必ず渋滞情報に出てくるのが、関越自動車道・中央自動車道・東北自動車道・東名自動車道です。
これらの高速道路では、ピークの渋滞長は、40~50kmにも及びます。
日常的に発生する、5~10kmの渋滞でもイライラするのに、40~50kmキロなんて想像を絶しますよね。

そのため、日程をずらしたり、道路の利用時間を工夫するなど、混雑を避けるような工夫が必要です。

 

以下はNIKKEY STYLEの渋滞予想です。

NIKKEY STYLEの渋滞予想

高速道路下りの渋滞ピークは5月2日(土)
高速道路上りの渋滞ピークは5月5日(火)

 

休み期間が長いので、行き戻り共に選択肢があるのでバラけるという予想ですね。
筆者もそう予想しますが、その分遠出される方は通年以上に多く、ロングドライブとなりそうです。
つまり、高速道路の利用頻度は高くなると思われます。

なので、事故などアクシデントが発生した場合には、想定以上の大渋滞の可能性はありますし、利用者・期間が長くなれば事故発生回数も自然と増えますので、不測の事態に備えておく必要はあるでしょう。

渋滞ピークを上手にズラすころで、大渋滞を回避することも可能です。

NEXCOでは渋滞ポイントマップという資料が公開されています。
事前にこうしたポイントを知ることで、渋滞ピークを上手にズラすころで、大渋滞を回避することも可能です。
渋滞ポイントマップ

ちなみに、私は、夜間や夜中など、渋滞のピークを外した時間帯に走行するようにしています。栄養ドリンクや眠気覚ましのガムなどは必須アイテムですね。

夜間走行をする場合は、居眠り運転を避けるためにも、前もって十分に睡眠をとってから出発するようにしましょう。



 

新幹線移動の場合

新幹線移動の場合

次に、新幹線の混雑度について見ていきましょう。

毎年、4月中旬には指定席が満席となる傾向があるので、
それまでに、早目の予約をおススメします。

東海道新幹線下り、東京→新大阪では5/1~5/3の略満席状態です。
上り線も5月5日は既に満席に近い様子です。

以上から、混雑ピークは…
下り:5月2日(土)・上り:5月5日(火)と5月6日(水)

連休初日から混雑ピークを迎えることから、遠方へお出かけになる方が多そうです。

JRおでかけネットでは、GW期間中の列車空席情報は毎日更新されています。
まだご予約されていない方は、こちらを参考に早めに行動しましょう。
JRおでかけネット

 

 

飛行機移動の場合

飛行機移動の場合

筆者的に一番混雑が気になるのは飛行機です。
近年LCCの利用でお値打ちに海外旅行ができる事から、ハードルも低くなりました。
ジェットスターの成田⇔シドニーを参考にしますと、4月29日、5/1日は完売。

国内・海外ツアーでお馴染みのH.I.Sでも、4月29、5月2日を出発ラッシュ、
5月5日、5月9日を帰国ラッシュ
と予想しています。

飛行機の場合、チェックインの関係もあり、特に出国時には注意が必要です。
空港内の混雑はもちろんですが、空港までのアクセスにも影響が及びますので、時間には相当余裕をもたないと大変なことになりそうです。

車でアクセスする場合は、各所で渋滞に巻き込まれることに加えて、駐車場に停めようとしたら満杯、などというケースが多く、例年、飛行機に乗り遅れる状況が発生しています。
せっかくの楽しみを台無しにしない為にも、車は避けた方が良いでしょう。

 

 

GW2020 渋滞ピークまとめ

以上、今回は、2020年のGWの期間や交通の渋滞度などについてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

昨年大型連休となった余韻から色んな事でタイミングが掴みにくいかも知れませんが、
最悪のケースに遭遇しない為にも事前のリサーチは確りしておきましょう!

GW2020 渋滞ピークまとめ

筆者の経験からすると、誰もが行きそうな有名なスポットは避けて、
余り知られていない穴場ならば、比較的空いていて、気分良く過ごすことができますが、
子供さんの居るご家庭では人気スポットが目当てになるのは必然ですから、
渋滞に遭うことを前提にスケジュールを立てた方が良いかもしれません。

いずれにしても、GWの期間はどこも多くの人で混雑するのは必至です。
早めにスケジュールを立てて、交通機関や宿泊の予約、
観光施設の情報収集など、準備を万全にして迎えたいものです。

この記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。