気になる2019年の夏休みとお盆休み

夏休み2019いつからいつまで

楽しみにしていたゴールデンウィークも終わり、
少し心と体が疲れ気味、そんな方も少なくないでしょう。

でも、1カ月程度の梅雨を乗り切ったら、
待望の夏がやってきます!

会社などによって異なるでしょうが、
この時期になると、有給休暇以外に、夏季休暇やお盆休みなど、
特別にお休みを取れるところが多いと思います。

サマーバケーション!!
2019年の夏休みをリサーチしておきましたよ

でも、子供達が夏休みに入ると、
全国の有名な観光地は人でごった返しますし、
道路や公共交通機関などはとても混雑します。

こうした事態をできるだけ避けるためにも、
できるだけ早目に旅行などのプランを立てる必要があります。

ところで?夏季の休暇って、いつ頃から始まって、いつ頃終わるんだったっけ?
そんな疑問を持たれる方も多いでしょう。

そこで、今回は、2019年の夏休みについてご紹介します^^



 

 

夏休みの日程は早めに知っておくと便利

みんなが楽しみにしている夏休み。

普段は仕事などの関係から、中々お休みのタイミングが合わない事も多いので、
やっぱり、夏休みは家族や恋人など、大切な人とゆっくりと休暇を過ごしたい、
そう思っている方も多いでしょう。

相手はそれぞれ異なっていると思いますが、今年の夏は最高の思い出作りをしようと、
力が入っている方も少なくないと思います。

え?申し訳ないけど、こっちは夏休み8月13日からなんだよね

 

そこで、みんなを驚かせようと、少しグレードの高い人気のホテルを予約して、
いよいよ家族に発表の場面を迎えます。

「8月11日から2泊3日で、あの○○ホテルを予約したよ!」
ちょっぴり自慢気に伝えた次の瞬間、
「え?こちらの夏休みは8月13日からなんだけど!」
なんて言われたら、体中の力が一気に抜けてしまいますよね。

直ぐに日程変更の電話を入れても時遅し…
人気のホテルですから既に予約で一杯だった!!

お互いの夏休みの日程を事前に確認しておかないと、
こんな事態にもなりかねません。

そんなことないでしょ!って思われますか?
いえいえ、そんなへまをした張本人が私なんです(笑)

 

 

 

小学校の夏休みはいつからいつまで

まずは全国的な小学校の夏休みが2019年はいつからいつまでなのか。
県庁所在地の市立学校をリサーチしてみましたのでご覧ください。

都道府県別2019夏休み期間

都道府県 調査地域 平成29年度夏休み期間 日数
北海道 札幌市 7月26日(金)~8月18日(日) 24日間
青森県 青森市 7月20日(土)~8月25日(日) 37日間
岩手県 盛岡市 7月23日(火)~8月25日(日) 34日間
宮城県 仙台市 7月23日(火)~8月25日(日) 34日間
秋田県 秋田市 7月23日(火)~8月25日(日) 34日間
山形県 山形市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
福島県 福島市 7月20日(土)~8月25日(日) 37日間
茨城県 水戸市 7月20日(土)~8月27日(火) 39日間
栃木県 宇都宮市 7月20日(土)~8月29日(木) 41日間
群馬県 前橋市 7月20日(土)~8月26日(月) 38日間
埼玉県 さいたま市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
千葉県 千葉市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
東京都 新宿区 7月20日(土)~8月25日(日) 37日間
神奈川県 横浜市 7月20日(土)~8月26日(月) 38日間
新潟県 新潟市 7月25日(木)~8月27日(火) 34日間
富山県 富山市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
石川県 金沢市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
福井県 福井市 7月20日(土)~8月28日(水) 40日間
山梨県 甲府市 7月20日(土)~8月28日(水) 40日間
長野県 松本市 7月27日(土)~8月25日(日) 30日間
岐阜県 岐阜市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
静岡県 静岡市 7月25日(木)~8月27日(火) 34日間
愛知県 名古屋市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
三重県 津市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
滋賀県 大津市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
京都府 京都市 7月24日(水)~8月25日(日) 33日間
大阪府 大阪市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
兵庫県 神戸市 7月25日(木)~9月1日(日) 39日間
奈良県 奈良市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
和歌山県 和歌山市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
鳥取県 鳥取市 7月25日(木)~8月28日(水) 35日間
島根県 松江市 7月18日(木)~8月25日(日) 39日間
岡山県 岡山市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
広島県 広島市 7月20日(土)~8月29日(木) 41日間
山口県 山口市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
徳島県 徳島市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
香川県 高松市 7月20日(土)~8月25日(日) 37日間
愛媛県 松山市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
高知県 高知市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
福岡県 福岡市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
佐賀県 佐賀市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
長崎県 長崎市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
熊本県 熊本市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
大分県 大分市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
宮崎県 宮崎市 7月23日(火)~9月1日(日) 41日間
鹿児島県 鹿児島市 7月20日(土)~9月1日(日) 44日間
沖縄県 那覇市 7月20日(土)~8月25日(日) 37日間

但し、夏休み期間は同市内で全て同じではありませんので、
先の表では、その期間を設定する学校が多かったものを掲載しています。



 

 

小学校の夏休みはいつから?

小学校の夏休みと言えば特定の地域を除き、
全国的に同じだと思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、
実は結構バラツキもあるんです!

ただ、例年は7月20日前後が夏休み入りとなる小学校が多いのですが、
2019年は7月20日が土曜日、7月21日が日曜日となっていることで、
7月20日から夏休みが始まる学校が多くなっています。

そんな中、遅い県では5日~1週間後ろになりますので、
或いは、「隣の○○県は夏休みが早くていいな~!」なんて、
子供なちょっとした不満を聞くことになるかも知れません^^;

概ね7月21日~29日の間

自分もそうでしたが、子供にとって、夏休み期間中の様々な体験は、
長く、そして強く記憶に残るものです。
中には、人生観が変わったという人もおられるでしょう。
それぐらい、夏休みは貴重な時間なのです。

一旦遊びモードに入ると、
子供たちの頭から 、夏休みの宿題はすっかり離れていきます。
そして大抵の場合、夏休みが終わる間際になって、
親も巻き込んで慌ててしまうことになります。

 

最近では、夏休みの課題対策グッズもたくさんあるので、
以前のようには苦労しないとは思いますが、放っておくこともできませんよね。
子を持つ親の皆さん、本当にお疲れ様です。

約1カ月間の休みというのは、大人にとっては長いと感じますが、
子供からみれば、あっという間に過ぎ去ってしまうという感覚なんでしょうね。

なお、ここでは小学校と表記していますが、
公立の中学校も同じ期間とお考えいただいて差支えありません。

 

 

 

小学校の夏休みはいつまで?

次に、夏休みの最終日を見てみると、
一番早く終わるのは、やはりというべきか札幌(北海道)ですね。
他の県がまだ夏休み真っ只中の8月19日、一足早く始業式を迎えます。
お盆が終わったら直ぐに学校に行くことになるんですね。

かと言って、その分夏休みの始まりが早いわけでもありません!

東北地方の冬は厳しいので、
その分冬休みが長く取られているんではないでしょうか?
冬休みの状況を調べてみる必要もありますね!

夏休みの最終日も地域によって本当にバラバラです。

さらに、他の地域の状況を見てみると、
8月27日・8月28日までとなっている地域もチラホラあります。

「ええ!!!どうして31日までじゃないの?」
思わず疑問に感じてしまいますが、
地域には地域の事情があるんだと推察します^^;
 

また2019年の特徴としまして、
例年多くの学校の夏休みは、8/31で終わってしまうのですが、
2019年はラッキーことに、8月31日が土曜日ですから、
1日延長され、始業式は9月2日になりそうですよ



 

 

大人の夏休み事情2019

子供はもちろんですが、
大人にとっても、まとまったお休みが取れる夏休みは、
とても貴重な期間です。

そういえば、社会人になると…
「夏休み」ではなく、「盆休み」と呼ぶようになっています。

夏休みと盆休み。
言葉から受けるイメージは微妙に異なってはいますが、
「休み」には違いありません。

クーラーが程良く効いた部屋で、
十分に睡眠をとって、起床後もゆったりして、
お昼間から飲むビールの美味しさは格別です。

大人になるといつの間にか… 夏休みとは言わず、「盆休み」と言うようになりました。

同じ時間に、暑い中で働いておられる人の事を思うと、
少し申し訳なさを感じますが、
一方で、日頃、一生懸命働いているんだから、
休みくらいは、自分のために自由に時間を過ごしてもいいんじゃない、
そんな気持ちが交錯します。

そんな光景を思い浮かべるだけで幸せな気分になりますよね。
そこで、このお盆休みについて見ていきましょう。

 

 

お盆休み2019いつからいつまで

ご承知の通り、お盆とは、
ご先祖様などの霊を祭る行事を言います。

8月13日は迎え火と呼ばれ、文字通り、ご先祖様を家に迎える日、
8月16日は送り火と呼ばれ、逆にご先祖様をあの世に送る日とされています。

一般的にお盆休みは、8月13日から8月16日までとされていますが、
8月11日が「山の日」とされたことで少し事情が変わってきています。

では、2019年のお盆休みがいつからいつまでになるかですが…
カレンダーをみてみますと…

2019年のお盆休みカレンダー

お盆の前後が、8/10(土)、8/11(日)、8/12(月)、8/17(日)、8/18(日)

2019年の山の日は8月11日の日曜日ですので、8月12日が振替休日。
更に、お盆明けの17日は土曜日なんですね^^

ということは…例年4連休の盆休みが「ナント9連休!」
大企業の大連休並みのお盆休みが多くの会社で期待できる事になります。

例年4連休の盆休みが「ナント9連休!」

嬉しいですよね^^

ただ…サービス業に従事されている方は、この時期はとても忙しくなるので、
連続して休暇を取るのは難しいのではないかと思います^^;

世間一般の夏休みが終わった後で、
少し仕事が落ち着いてきたらしっかりとお休みを取って、
英気を養っていただきたいと思います。

 

 

 

夏休み2019まとめ

以上、今回は2019年の夏休みについてまとめてみました。
いかがでしたでしょうか。

いくつになっても夏休みは楽しみなもの!
決して子供のためにだけのお休みではありません!

日頃は中々家族と出かけることのできない所に行ったり、
普段お会いすることが出来ない人と懇親を深めたり、
体を休めるのはもちろんですが…
大切な人と大切な時間を共有することで心もゆったりとします。

お父さんがバーベキューするぞ!って言い出してそれを聞いた子供たちは大喜びで、
奥様は、面倒なことは全部私がやるんでしょと内心ちょっとげんなりして。

それでも、最終的にはみんなで美味しくいただいて、
お母さんもいつしか笑顔になっている。

夏休みの家族の一つの光景ですが、時代が変わっても、またやり方は異なっていても、
夏休みの期間中にはそれぞれの家族の中で素敵な思い出作りが行われています。

やがて、子供たちが成長して、大人になった時に、
そんな幼児期の体験が記憶に残っていて、
今度は自分の子どもにも、素敵な思い出を作ってあげるといういい循環が、
そこにあるような気がします。

2019年は大人の夏休みも長そうなので良い思い出つくりができそうですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。