梅雨2019年はいつからいつまで 関東地方、関西・近畿地方の予想

梅雨2019 いつからいつまで

毎年5月下旬頃になると、気になりだすのが梅雨のことです。
この時期は、洗濯物が乾きにくく、
湿度が高いので、カビなども発生しやすいですよね…。
特に、農家の方にとっては、降雨量が気になることでしょう。

個人的には、梅雨の期間が徐々に長くなっているのでは?、と思っているんですが…

それでは、2019年の梅雨はいつ始まっていつ終わるのでしょうか!

そもそも、梅雨とは、春から夏にかけて活発化する太平洋高気圧の影響で、
雨や曇りの日が多くなる状態のことをいいます。

2019年はいつからいつまでなのか気になるところですね。

また、梅雨入り、梅雨明けには限定した日という概念はなく、
気象庁の過去のデータにおいては全て「○○日ごろ」と表現されています。

晴天が続いた後に、比較的雨が多く、日照時間が少ない時期が5日間程度あり、
その真ん中に当たる日を「梅雨入り日」としています。

逆に、雨天が続いた後に、
中期予報で晴れの日が続くと判断して、
最初に晴れ始めた日を「梅雨明け日」としています。

南北に細長い日本ですから、同時期に一斉に梅雨を迎えるわけではありません。

そこで今回は、特に人口が多い、
関東地方と関西・近畿地方の2019年の梅雨入りと梅雨明けを予想します。

現時点では、気象庁からも正式な発表はありません。
外れる可能性もありますが、
そこは、あくまで予想ということでご容赦くださいねm(_ _”m)ペコリ。



 

梅雨2019いつからいつまで

関東地方・甲信地方

関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
甲信地方:山梨県、長野県

梅雨入り 梅雨明け
2014年 6月 5日ごろ 7月21日ごろ
2015年 6月 3日ごろ 7月10日ごろ
2016年 6月 8日ごろ 7月29日ごろ
2017年 6月 7日ごろ 7月6日ごろ
2018年 6月 6日ごろ 7月29日ごろ

平年の平均の梅雨入りは6月8日ごろ、
梅雨明けは7月21日ごろとなっています。

 

また、1951年~2018 年までの過去67年間における関東地方の梅雨入り、
梅雨明けデータを見ると…

最も早い梅雨入りが1963年の5月6日ごろ
最も遅い梅雨入りが1967年と2007年の6月22日ごろ

最も早い梅雨明けが2001年の7月1日ごろ
最も遅い梅雨明けが1982年の8月4日ごろ

このことから、徐々に梅雨入りが早まり、
梅雨明けが遅くなる傾向
があることが分かります。

 

 

2019年の関東地方の梅雨入り梅雨明けの予想は…

2019年の関東地方では…

梅雨入りが6月2日ごろから6月12日ごろ
梅雨明けが7月15日ごろから7月25日ごろ

 

関西地方・近畿地方の場合

近畿地方:大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、和歌山県
関西地方:大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
紛らわしいですが、ウイキペディアではこう定義されています(^^;
なお、下記のデータは、気象庁の「近畿」を参照しています。

梅雨入り 梅雨明け
2014年 6月 3日ごろ 7月20日ごろ
2015年 6月 3日ごろ 7月24日ごろ
2016年 6月 4日ごろ 7月18日ごろ
2017年 6月20日ごろ 7月13日ごろ
2018年 6月6日ごろ 7月**日ごろ

例年平均の梅雨入りは6月7日ごろ、
梅雨明けは7月21日ごろとなっています。

また、1951年~2018年までの過去68年間における関西地方の梅雨入り、
梅雨明けのデータを見ると…

最も早い梅雨入りが1956年と2011年の5月22日ごろ
最も遅い梅雨入りが1958年の6月25日ごろ
最も早い梅雨明けが1978年の7月3日ごろ
最も遅い梅雨明けが2009年の8月3日ごろ

こちらでも、年々梅雨入りの時期が早まっており、
梅雨明けの時期が遅くなる傾向があります。
そのため、関西地方において梅雨は長期化しています。

 

 

2018年の関西地方の梅雨入り梅雨明けの予想は…

2019年の関西地方においては…

梅雨入りが5月31日ごろから6月10日ごろ
梅雨明けが7月16日ごろから7月26日ごろ

 

☆<おまけ雑学>なぜ「梅の雨」なのか?

そもそもの「梅雨」という言葉の由来ですが、
丁度同時期に、梅の実が熟することから「梅雨」と呼ばれています。

昔は中国由来の発音で「梅雨(ばいう)」と呼んでいましたが、
江戸時代に入ってから「つゆ」と呼ばれるようになったようです。

また、「露(つゆ)」や、実が熟して潰れるという意の
「潰ゆ(ついゆ)」が由来であるという説もあります。

 

以上、今回は、
2019年の関東地方と関西・近畿地方の梅雨入り梅雨明けの予想でした。

雨や曇りの日が続いて、気分が重くなりがちな時期ですが、
今回の予想を参考にして、早目に梅雨対策を整えて、
少しでも快適に乗り切ってくださいね。

その先には、待望の夏がやってきますよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。