時候の挨拶にある「新春の候」ってなに?期間はいつまで?

Sponsored Link

新春の候 いつまで

年賀状や、お正月明けの寒中見舞いなどの挨拶状やメール、
手紙などによく使われる時候の挨拶で
「新春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」
なんて文章がありますが…

新春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

この「新春の候」という言葉、いつまで使っていいんだろう?
そもそも新春の候って何?と、疑問に思ったことはありませんか?

学生時代はなんとなく周りの真似をして使っていたという方も、
社会人になると職場の上司や取引先などに送るビジネス文まで
「なんとなく」、というわけにはいきませんよね^^;

「あれ?今まで使い方合ってた?」と心配・疑問になった方は、
この機会に、しっかり「新春の候」の示す時期や、他に使える季節、
文例など覚えてはどうでしょう。

「新春の候」という言葉、いつまで使っていいんだろう

会社で「〇〇さん、取引先に挨拶状出しておいて~」などと言われても、
慌てずスマートに送れるようになると思いますよ。

というわけで、「新春の候」について、まとめてみました。

 


Sponsored Link

 

「新春の候」とは、なんなのか

「新春の候」、まずは基本的なことですが、
読み方は「しんしゅんのこう」といいます。(候は「そうろう」じゃないですよ!)

これは時候の挨拶に使われる季語または慣用句で、
時候の挨拶の書き出しに入れる言葉です。

これを使って「新春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます」
のような挨拶の書き出し文を作ります。

時候の挨拶の書き出しに入れる言葉です

その後、「皆様お元気で新年をお迎えのことと存じます」などの
挨拶文に続いていきます。

 

 

 

「新春の候」は、いつまで?使う時期について

「新春の候」の新春、春という言葉が入っていますが、
2月や3月ではなく、1月に使われる言葉です。
年賀状にもよく使われているので、
お正月のイメージが強い方も多いかもしれませんね。

使う時期としては、一応マナー的には1月1日から、
1月いっぱいまで使える言葉という事になっています。

ですが、上記のように最近ではお正月の言葉だと考えている方も多いので、
マナー違反だと誤解されたら嫌だなぁと心配な方は、
実際に使うのは1月上旬(松の内の7~15日頃まで)くらいにしておくと、
無難かもしれません。

1月下旬に挨拶状など送る場合は、他にも1月に使う季語として

・初春の候
・酷寒の候
・厳寒の候
・厳冬の候
・寒冷の候
・寒風の候
・大寒の候

などがありますから、そちらに入れ替えて使うと良いでしょう。

また、ビジネス文なら、季節を問わずに使える「時下」という言葉も便利です。
「新春の候」の部分に入れて使います。

 

 

 

「新春の候」を使った挨拶の書き出し文例

時候の挨拶として使う場合は、個人用は少しだけカジュアルに、
ビジネス用はかっちりと、という感じで使い分けるのが良いと思います。
文例を少しだけご紹介しますね。

「新春の候」を使った挨拶の書き出し文例

 

ビジネス用

「新春の候、皆様にはおかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」

「新春の候、貴社ますますのご繁栄のこととお慶び申し上げます」

「新春の候、貴社ますますのご発展のこととお慶び申し上げます。
平素はなみなみならぬお引き立てを心より感謝申し上げます」

「新春の候、貴社いよいよ御発展のことをお慶び申し上げます。
いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます」

最後ふたつの、「平素はなみなみならぬ~」とか「いつも一方ならぬお力添えに~」は、後に続く挨拶文とのバランスを考えて、他の挨拶と組み合わせても使えますよ。

 

個人用

「新春の候、皆様お元気で新しい年をお迎えの事と存じます」

「新春の候、新春の候、皆様いよいよお元気でお過ごしとのこと、
お慶び申し上げます。」

「新春の候、皆様にはご壮健にてお過ごしのこととお慶び申し上げます」

「新春の候、皆様にはおかわりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます」

 


Sponsored Link

 

書き出しの後に続く、挨拶文の文例

挨拶の書き出しの後は、以下のような文を続けて、挨拶文を結びます。

 

ビジネス用

「本年もよろしくご厚情賜りますよう、お願い申し上げます」
「本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます」

 

個人用

「極寒の折から、くれぐれもご自愛ください」
「寒さ厳しき折から、ご自愛の上ご活躍のほど、お祈り申し上げます」
「今年も御一家にとって幸多い年でありますよう、お祈り申し上げます」

 

 

書き出しの後に続く、挨拶文の文例

以上、「新春の候」を使える時期や、文例など、まとめてみました。

挨拶に「新春の候」のように「候」が入った季語を使うと、
全体的に少し堅い雰囲気になります。

そこで後に続く文例をそのまま使うのではなく、仮にビジネスで使うにしても、
相手を気遣う内容など、失礼にならない程度に少しだけ自分の言葉を使うと
事務的なだけの堅い文章から、気持ちがこもった文章へと印象が変わります。
気遣いも出来てきちんとした言葉も使える有能なイメージも持たれるのでおすすめです。

時候の挨拶は短い文章ですが、
だからこそ、その中にきちんと気持ちを込める工夫が大切なんですね。

この記事で挙げた季語や文例などを参考にしつつ、
是非あなたらしい心のこもった挨拶文を作ってみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。