インフルエンザ2017-2018の予防接種時期

Sponsored Link

インフルエンザ2017-2018 予防接種の時期はいつ?

毎年冬になると猛威を振るい、私たちを悩ませるインフルエンザ。

高熱が出たり咳が止まらなくなったりするだけでなく、
時にはウィルスのせいで肺炎や急性脳症などを引き起こし
死亡することもある、恐ろしい感染症です。

また、インフルエンザにかかると自分自身も苦しむだけでなく、
家族や学校、職場など周囲の人にも感染が広がりダウンする人続々…
というような大変なことになる可能性も大なので

出来るだけそうならないように、まずは感染を正しく予防することが大切です。

ところで、インフルエンザの予防といえば、
まず思い浮かぶのはマスクをするとか、うがい手洗いとかだと思いますが、
なんとなくそれでは心許ないな~と感じている方も多いでしょう。

インフルエンザの予防接種について2017-2018の予防接種の時期と金額

予防でマスクをつけていても、満員電車など人が密集した場所で
マスク無しで咳をする人が近くにいる場合はあまり予防効果が無い、
なんて話も聞きますしね。

そこで、もっと効果的な予防方法としてあげられるのが、
インフルエンザの予防接種です!

これを受けることで、インフルエンザにかかりづらくなったり、
症状を軽減することができるんです。

今回はこのインフルエンザの予防接種について、
2017-2018の予防接種の時期はいつ頃なのか、
金額はどれくらいなのかなど、
予防接種について気になることを色々をご紹介します。

ご自身も、またご家族も、この冬を無事に元気に乗り切るために、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


Sponsored Link

 

インフルエンザ予防接種2017-2018の受ける時期は?

インフルエンザの予防接種の時期って、
「いつから受けられるの?」というのも気になりますが…
「いつ受ければ効果が最大に得られるの?」「早めに受けた方がいいの?」
ということも気になりますよね。

これについて調べましたのでご紹介しますね。

 

インフルエンザの予防接種は毎年10月中旬ごろから医療機関で始まります。

では10月に早速受ければいいのかな?といえば、そうとも限りません。
その年のインフルエンザ流行が予測される時期によります。

インフルエンザのワクチンは接種してすぐに効果が出るものではなく、
接種後に身体の中に免疫が生まれるまで、数週間の期間を要します。

ですが予防接種の効果は5ヶ月程なので、
早ければ早いほど良い、というわけではなく、
あまり早すぎるといざ流行が始まった時に効果が切れている!
なんて可能性もあります。

ですので、例年インフルエンザが流行する1月までに抗体をつけておくには、
基本的には12月中旬頃までに予防接種を受けるのが良いです。

また1度だけではなく2度摂取した方がより効果が出て安心できる、
と言われています。

例年インフルエンザが流行する1月までに抗体をつけておく

ちなみに接種1回目~2回目の間は、
1~4週くらい期間を空けることになっています。

ただし、上記はあくまで例年の時期はという話で、
2017-2018の予防接種を受ける時期は少し違うので、
注意が必要です。

過去のインフルエンザ流行の歴史を見ると、
前年の流行が遅かった場合、翌年は例年並みより早く
早かった場合は遅くなる傾向があるからなのです。

つまり、2018年のインフルエンザは、
例年よりも遅く流行する可能性があるんですね。

一昨年には一部地域で夏になっても流行していました。

2017年のインフルエンザは例年よりも早く流行する可能性があるんです。

絶対に遅く始まる、と言い切ることはできませんが、
予防接種の効果は5ヶ月程なので、その辺も多少考慮しながら、
受けるのが良いでしょう。

しっかり2回接種を受けるのでしたら、
10月に1回目を受けて体内に抗体を作り、11月に2回目を受ければ、
万全の状態で12月を迎えることができます。

 

 

 

インフルエンザの予防接種は誰もが2回必要なのか?

前述で、インフルエンザの予防接種は2回受けたほうが良い!
という話を簡単に書きましたが、それについてもう少し詳しく書いておきます。

予防接種は、1回受けるだけでもある程度の抵抗力はつきます。
その抵抗力を、より強くするために2回目を受けます。

インフルエンザの予防接種で接種するワクチンは、
不活化ワクチンと呼ばれており、1回接種しただけでは効果が1ヶ月で消滅します。

ですが、効果消滅前に2回目のワクチンを接種すると、
免疫増幅効果で1回目よりもさらに高い免疫力がつき、
数か月間予防接種の効果が持続するのです。

インフルエンザの予防接種は誰もが2回必要なのか?

これが、予防接種を2回受ける意味です。

こう書くと、
「じゃあ、インフルエンザの予防接種は1回受けるだけじゃ意味ないんじゃ?」
と思う方も居るかもしれませんが、これは年齢によって違うんです。

成人の場合は、今まで生きてきたなかで何度かはインフルエンザにかかっているので、
元々多少のインフルエンザ免疫力を持っています。

ですので、予防接種を受ける事で、
この元々もっている免疫力を呼び戻す効果が得られ、
1回の接種でも予防効果が得られます。

勿論、2度受けた方がより強力な効果が得られますが、
1回接種だけでもインフルエンザ予防効果は64%あり、
罹患したときの死亡予防効果も80%もあります。

都合がつかずなかなか2回も受けられない、という場合でも、
少なくとも1回は受けておいた方が良いでしょう。

成人は1回の予防接種で予防効果64%

ちなみに、成人は1回の予防接種で予防効果64%、
2回の予防接種で予防効果94%になるとされているので、
急に何日も休めないような仕事をしている人は、
できれば2回受けた方が安心できますよ。

しかし、今までインフルエンザにかかった経験が無い、
または少ない子供の場合は、上記の成人のように呼び戻せる免疫力が無く、
特に、12歳以下の子供はインフルエンザの免疫力が少ないので、
ワクチンの効果を持続させるために、2回の予防接種が必要とされています。

 

 

 

インフルエンザの予防接種の料金はどれくらい?

インフルエンザの予防接種にお金がかかる、というのは知っていても、
それがどれくらいの金額なのかというは、よく知らないという方も多いでしょう。

人に訊いても、「2千円くらいじゃない?」とか「4千円はかかるよ」とか、
答えがマチマチなのも、その原因かもしれません。

そうなると、予防接種を受けたいけど、
いざ受けにいって思ったより高かったら困る…と言った心配も少なからずあります。

そこで、予防接種の料金について調べました。

だいたい1回の接種の料金4千円台が妥当だといわれています。

インフルエンザの予防接種は、治療ではないため健康保険の適用外!
その為、原則的には全額自己負担となっています。

また、これは医療機関が料金を自由に決めて良いことになっているので、
どこの病院で受けるかによって料金が全く違ってきます。

医療機関によって料金が違うとなると、予防接種を受ける病院を選んだり、
かかりつけの病院の料金が他と比べ高いのか安いのか?
判断する基準が欲しいですよね。

 

そこで参考になるのが、ワクチンの仕入れ値などの話です。

ワクチン1本に約2回接種分の量が入っているそうですが、
この1本分の仕入れ値は医療機関によって差はあるものの、
約2,100円ほどだそうです。

ちなみに、インフルエンザワクチンは、
開封したら保存が効かないため余っても廃棄になります。

そういった在庫管理や仕入れ、処分のことや、
また医療機関の人件費などを考えると、
だいたい1回の接種の料金4千円台が妥当だといわれています。

2015年からはそれまでより予防効果の高いワクチンに変わり料金が値上がりしている

ただし、2015年からはそれまでより予防効果の高いワクチンに変わり、
料金が値上がりしているそうなので、
だいたい3,000~5,000円くらいで考えておくと良いでしょう。

自治体によっては、65歳以上の高齢者などの対象者には、
公費負担があり自己負担を少し安く予防接種が受けられるところや、
接種料金が1人1回限定で1500円くらいのクリニックなど、
比較的安価に受けられる医療機関もあります。

ですので凡その相場は頭におきつつ、
お住まいの地域で安く予防接種が受けられる病院をネットなどで、
探してみるのも良いかもしれません。

 

 

以上、インフルエンザの予防接種について、
2017-2018はいつ受けるのがいいか時期についてや、
2回受けることの必要性、予防接種の料金についてなどについてのお話でした。

インフルエンザの予防接種は、
受けても100%完璧に感染を防ぐことはできませんが、
たとえ感染しても、そこから重症化することを防ぐことが出来ます。

冬に家族全員で重症化して1週間寝込んだり、
職場で感染が広がって従業員全滅とか、
進学受験前に感染して…なんて、ことにになると本当に大変ですから、
そういった不幸を避け、冬を元気に健やかに過ごすために、
ぜひインフルエンザの予防接種を受けてみてくださいね。

皆様のインフルエンザ予防と冬の健康のために、
この記事がお役に立てばうれしいです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。