万引き家族の感想 DVD&Blu-rayのレンタル開始や発売いつから

Sponsored Link

万引き家族DVDいつから

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、
家族全員で軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、
人間のつながりを描いた万引き家族。
2018年6月8日から全国の劇場で公開されています。

2018年、第71回カンヌ国際映画祭に出品され、
日本映画としては、1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、
最高賞のパルムドールを受賞したことはご存知の方が多いでしょう。

最高賞のパルムドールを受賞作品
出典:USシネマ

 

少し「万引き家族」に触れてみますと…

舞台となるのは東京の下町です。
高層マンションの谷間に建つ古い平屋に、家主の初枝の年金を当てにして、
治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしています。

初枝の年金では賄いきれない生活費は万引きで稼ぐという、
言わば、社会の底辺にいるような家族ですが、
常に笑いの絶えない生活を送っています。

ある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼女ゆりを、
治は見るに見かねて家に連れ帰りますが、
ゆりの体の傷を見て、状況を察した一家は、
ゆりを6番目の家族として受け入れることになります。

そして、ある事件をきっかけとして、
仲の良かった家族はバラバラに引き裂かれ、
それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていきます。

息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、
初枝役に樹木希林、信江役の安藤サクラ、
信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが参加しています。

今回はそんな映画「万引き家族」の見どころや評判、
DVD&Blu-rayのレンタル開始・発売日などをご紹介します。

 

 

万引き家族の魅力・みどころ

それではまず、映画「万引き家族」の魅力や見どころを見ていきましょう。

城桧吏(子役)の演技
出典:USシネマ

 

城桧吏(子役)の演技

万引きに精を出す治の息子役を演じているのは、
今作が映画出演2作目という城桧吏です。

経験が浅いにも拘らず、日々万引きに手を染め、
どこか冷めた目で大人を見つめる姿は、
11歳とは思えないほどの演技力です。

かつて、「誰も知らない」でカンヌ映画祭最優秀主演男優賞を受賞した、
柳楽優弥さんとイメージが重なります。

 

日本の社会問題を可視化

この映画のテーマになっているのは万引きやネグレクトなどです。
現在の日本の社会問題を、リアルに描き出した作品と言えます。

高層マンションやスカイツリーという、
東京の華やかさを象徴する建造物の傍らに暮らしている、
万引き家族の姿から、日本社会の光と影を感じさせます。

 

脇役の名演技

この作品では、豪華キャストが話題になっていますが、
脇を固める役者も素晴らしいキャストが顔を揃えています。

家族の近所で、個人商店を営む老人役を演じているのは柄本明さんです。
独特のとぼけたような表情の演技が特徴的ですが、
鋭い眼光で、万引きを繰り返す家族を見つめています。
その演技を通して、観客は現実の厳しさを突き付けられます。

また、警察官役には高良健吾さんと池脇千鶴がキャストされています。
子ども達にはあくまでを優しく、
逆に、大人には厳しい態度で臨む2人の演技も見事です。

 

家族の真の幸せとは?

同じ屋根の下で暮らしていても、
食事はバラバラで、まれに食事を共にしても、
会話一つなく、それぞれの目線はテレビやスマホに向かっている。
そんな家族が増えている中で、
万引きしたカップ麺や、わずかな肉しか入っていない鍋など、
貧しい食事ではあっても、笑顔の絶えない姿からは、
家族にとって本当の幸せとは何かということを考えさせます。

 

 

 

万引き家族の感想・評価

児童虐待から独居老人まで、現在の日本の社会問題を描いたこの映画は、
「誰も知らない」で社会の片隅に生きる子供たちを描き、
「そして父になる」で本当の親子の絆を問いかけた、
是枝的要素が集大成された傑作だという評価が多く寄せられています。

監督自身も、この映画の制作を決めた時に、
「犯罪でしかつながれなかった」、あるい
というキャッチコピーを思い浮かべたということです。

是枝的要素が集大成された傑作だという評価が多く寄せられています。

「果たして家族は何でつながっているか?」、
という問いを観客に投げかけているんですね。

事実、映画を見終わった後の人からも、
家族のあり方や幸せについて考えさせられる感動的な映画であった、
日本の社会問題の厳しさを改めて認識させられた、
などの感想や評価が多いようです。

 

 

 

万引き家族のDVDのレンタルはいつから?

現時点では、正式な情報は公開されていません。
そのため、あくまでも予想ではありますが、

早くて、2018年の12月中、
確率的には、2019年1月初旬になるのではないかと思います。

その理由として、邦画の場合、
劇場での公開から、概ね5ヶ月~7ヶ月でレンタルが開始されている場合が多いです。

そして、過去の是枝作品を見てみると、
2013年9月28 日に劇場公開された「そして父になる」は、
2014年4月23日にレンタルが開始されているので、
およそ7カ月後となっております。

また、2017年9月9日に劇場公開された「三度目の殺人」は、
2018年3月7日からレンタルが開始されているので、
およそ6か月後ということになっています。

以上の実績などから、上記の予想を立てたものです。

 

しかし何れにしても、ちょっと先の話です。

なので、それまでの間に是枝裕和監督の過去作品、
三度目の殺人、海街diaryでその世界感を予習しておくにも良いでしょう。
↓こうしたサービスを利用すれば無料でみれます!

DVDレンタル無料お試し

公式サイトで詳細をみる

 

 

 

万引き家族DVD&Blu-ray予約・発売はいつ?

こちらも現段階では情報が公開されていません。

ただ、多くの場合はレンタルと同時に発売開始という傾向があるので、
こちらもやはり、早くて12月中、
確率としては、 1月初旬という線が高いのではないかと思います。

また、DVDとBlu-rayは同時に発売されるでしょう。

発売開始は12月中旬と予想します?
※イメージ画像

もし、レンタルの開始日と発売日が異なる場合は、
レンタルの方が先行するということになるでしょう。

予約購入などを希望される方は、開始され次第以下のリンクが有効になります!
時々チェックしてみてください^^;

万引き家族DVD&Blu-ray予約

 

 

 

以上、今回は、
映画「万引き家族」の感想や評価、
DVDやBlu-rayのレンタル開始日や発売日などについてご紹介しました。

現時点では未定の情報もありますが、
上記リンクなども含めて、関連情報をチェックするようにしましょう。

この記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。